プロフィール

    ももとまと

    Author:ももとまと
    お隣の国で孤軍奮闘ぼやいてます
    K国をおすすめするブログではありません、あしからず。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    fcカウンター
    最新トラックバック
    フリーエリア

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ちょっとしたお詫び

    すでに読まれた方もいらっしゃると思いますが、
    「酒と接待の現実2」は、内容が少し不適切と思われるところがあったため、
    削除させて頂きました。
    未読の方で、楽しみにしてくださった方がもしいらっしゃったら(いないか。笑)
    ゴメンナサイ。

    では、次回はもうちょっと軽い内容で行きまーす。

    ももとまと拝
    スポンサーサイト

    それでもK国人と結婚したいですか?-酒と接待の現実

    実は、恥ずかしながら我が家は先日まで、1か月に及ぶ大ゲンカをしていた。
    ま、原因はどこの夫婦にでもあるようなことなんだけど、
    そこに民族性が絡むと、どうにもこうにも腹立たしいということを久々に実感。
    愚痴を聞いてくれた、数少ない親友たちには感謝しきりなのです。

    閑話休題。

    シリーズにするつもりは今のところないんだけど、
    おそらくK国人とお付き合いしたい/結婚したい/K国に住みたい、という、
    アタクシから見れば、大変勇気のある(ということにしといて下さい)方々に、
    こんな話聞いても??と思うことがなぜかいろいろ起こるのよ、最近。


    で、今回のお題。

    結婚すると、当たり前だけど、旦那さんの社会生活にも多少関わることになりますわな。
    そんなうちも、まあ、K国ではめっぽう多い、
    「飲み会(スルチャリ)」、「会食(フェシク)」、「接待(チョプテ)」で、
    旦那氏が晩御飯不要と連絡してくることがあるわけです。

    この国の人は、日本人のように「明日ある仕事や約束を考えて酒の量を調節する」とかしないので、
    これに悩まされてる日本人妻も多いと聞く。
    うちだって、糖尿病判定を食らうまでは、飲み会なんてあると、
    来年40にもなろうというオッサンが、ベロンベロンに酔っぱらったあげく、
    吐きながら帰ってくる(家に着いた時点でスーツが汚れてたりする)、なんてこと、
    ちょいちょいあったものね。
    で、夜中じゅう、盛大にトイレで吐かれたあげく、
    バスタブでなぜかそんなときにシャワーを浴びようとして浴びれず、
    正体不明でつぶれてるのを、水シャワーで目を覚まさせつつ、
    蹴り飛ばしながら介抱したことも。
    ・・・え?手荒い??
    何言ってんですか。
    バスタブにそのまま沈められなかっただけでも、ありがたいと思ってほしいくらいだよ、まったく。

    糖尿病とめでたく?認定されてからは、
    めっきりおとなしくなったうちの旦那氏。
    しかし、糖尿だからと言って、飲み会接待もろもろに行かなくていい・・・わけではないんですな。
    ま、基本的に、うちは前もってわかっている時は早めに、
    当日決まった時でも18時ぐらいまでには連絡を寄越す。
    しかも、今の旦那氏の会社は、K国にしては珍しいぐらい、社内の飲み会がない。

    ちなみに、旦那氏の親友は、某超大手建設会社勤務なんだけども、
    週に4日以上、接待という名の飲み会があるそうだ。
    おかげで、学生時代はスリムだった彼、今じゃ体重は90㎏超え、成人病もちらほら。
    まだ30代なのにまるで50のオッサンの如くなんだそうだ。
    もともとK国人って、いい大人になってもバカみたいに飲み倒す人たちだからね。
    平日の夜にバカ飲みして、次の日しっかり二日酔いの挙げ句、
    堂々と勤務を休む・遅刻する・早退する。

    アタクシの勤めていた日本の会社なら、一発でクビだ。笑
    が、ここはK国。
    褒められたことじゃないらしいが、そこまでとやかくは言われないそうで・・・
    ま、社則とかルールとか、あってもどうせ守れないしね、K国人。


    それでもK国人と結婚したいですか? 衛生編

    いやはや、また時間が開いちゃったよぅ・・・

    と思いながら、自分のブログを久々に開いた本日。
    実は今日中にこれは書かなくては!というネタがあったので、是非!


    これだけ嫌Kだの、厭Kだの、呆Kだの、
    恥Kだの(愛読ブログの著者様の初本タイトルです)、
    叫ばれることが多くなった日本なのに、
    いまだにいる「私、K国人と付き合いたい/結婚したいんです」と言う女性。

    まあ、人それぞれの人生なので、やめろとか何だとか言うつもりはありません。笑
    実際、円満にK国で暮らしている日本人もいるでしょうから。
    しかしですねー、ワタクシの意見として、人生のパートナーにK国人っていうのは、
    「できるならやめておけ。っていうか、具体的な相手が今いないのなら、絶対やめとけ!」と思う。
    現実に、うちも含め、周りに「問題のないK国人旦那」なんて聞いたことないから。


    K国人との結婚を勧めない理由。
    その理由は数え上げれば朝までかかるほどあるが、
    在Kの日本人の間で多く言われるのは、異常に濃すぎる家族関係(特に義両親・義兄弟)。
    しかし、ワタクシ、旦那氏が実母と大ゲンカの挙げ句、ほぼ絶縁状態なので、
    そういうややこしく、かつ一番の頭痛の種になる問題は、
    今のところほぼない。

    しかしですね。
    義家族との問題がなければ結婚生活安泰かというと、まったく違うのですよ。
    うちの場合は、いろいろあるが、そのうち一つが「衛生感覚」なのです。

    実は今日、衝撃の告白を友人から聞いた。
    彼女は在K歴が私よりちょっと長い人なんであるが。
    最近になって知った、彼女の夫のある行動を聞いて、
    ソルビン(雪氷)で食べてた話題のマンゴーピンス(マンゴーかき氷)を噴きそうになった。

    以下、非常にビロウな話なので、お食事前の方、およびお食事中の方は
    今読まれるのは避けられることをおすすめする。



    ・・・・・警告しましたからね!笑




    K国人の衛生に対する感覚というのは、
    日本のネットでも話題になっているでご存知の方も多いだろうけど、非常に低い。
    街中にあふれるごみや、K国人家庭を訪問した時に、
    土足の文化でないにも関わらず床が非常に汚いこと、
    そしてその床とテーブルの上を拭くふきん(雑巾?)が一緒(!!)なんてことを、
    別段汚いと思っていない人が結構いると言うとわかって頂けるかと思う。

    しかしですね。
    まだいたんですよ、そのはるかナナメ上を行くK国人が!!

    くだんの彼女、気づいたのはごく最近らしい。

    彼女の夫(もちろんK国人)は、身だしなみには非常に気を遣い、
    カメラを向けたら日本人ドン引きのキメキメポーズを取り、
    以前日本に住んでいたせいか、スーツは日本製しか嫌だ、というおしゃれさんである。

    そんな彼、実はトイレでウ○チョスをする際に、なぜか全裸になるそうなんである。

    毎度毎度、トイレに行く前に目撃するわけではないが、
    同じ家に住む家族であるから、彼女も時々「なんで?」と思っていたらしい。
    ある日、不思議に思った彼女、全裸でバストイレ(韓国はバスルームとトイレは一緒)に向かった夫を追いかけ、
    ドアの通気口から、中をのぞき見た(その行動もどうかと思うが・・・笑)


    すると、まさかの衝撃の姿を目撃してしまったんですな!


    そう、そのまさかとは・・・・・

    K国人男性、結構腸の弱い人が多いように思うんだけれど、彼もそんな一人らしい。
    覗き見ていると、ちょっと緩いチョスであろうと思われる用を足した後、
    彼はそのまま腰を便座から上げ、
    よっこらしょうとバスタブをまたぎ、
    シャワーで尻を洗ったのでアリマス。


    はい、ここで解説。
    勿論だが、彼女の家にはちゃんとトイレットペーパーは備え付けてある。
    しかも、ウォシュレットまであるという、日本人仕様である。
    しかし、彼女の夫は、
    備え付けのペーパーで尻をぬぐうこともせず、
    はたまた、ウォシュレットで尻を洗うこともせず、
    直接バスタブへ直行して、
    チョスが残留しているであろうわが身の尻を、直接シャワーで洗った
    のですな。



    Σ(゚Д゚ノ)ノ


    である。
    というか、それ以外にどんな反応をしろっていうんだ!!


    「まあ、でも、だからチョス時には全裸だったんですねぇ・・・うちの夫」
    ほとんど泣き笑いで彼女はそう言った。


    なぜ彼女が、夫の行動に疑問を抱いたのか。
    それは、そんなこととはつゆ知らず、ある日普通にシャワーしに風呂場へ行き、
    顔を洗い、頭を洗おうという段階になって、
    その時シャワーノズルをその日初めて見上げた我らが友人は、
    そこに茶色いブツがべったりと張り付いているのを見たからでアリマス。


    「もちろん、んぎゃぁぁあぁぁぁ~~!!!でしたよ・・・」


    ・・・・ご愁傷様です(_ _|||)




    衝撃はここでは止まらない。

    彼女は気丈にも、笑って付け足した。

    「そういや、この前テレビを見てたら、ほら、
     最近こっちって子供を育てる有名人の様子を見せる番組とか多いじゃないですか?
     あの、秋山とモデルのshihoの子供とか出てるような・・・
     それで、この前やってた親子がですね~、旦那さんが子供の面倒見てるんですけど、
     子供がトイレしたい!って言った時に、
     フツーに抱っこしてバストイレ連れてってですね、
     トイレでさせるのかと思いきや、バストイレのフロアの排水溝の上でさせた挙げ句、
     そのまんま拭かずにバスタブの中に子供をおろして、
     シャワーでお尻洗ってたんですよ・・・・」


    え??(((( ;゚Д゚)))


    「だからこの国のそういう文化なのかも・・・と思いましたワタクシ」


    聞けば少なからず、同様の行為をするK国人はいるらしいですよ、奥さん!

    さて、ワタクシはここでお聞きしたい。
    アナタの未来の夫もこんな人かもしれないが、それでもK国人と結婚したいというアナタ。
    本気ですか??爆
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。